乗り鉄子 Diary

乗り鉄子のブログ。鉄分多目です

乗り鉄子、大井川鉄道の絶景を楽しむ

倒木トラブルは運転士さんが無事処理してくれて、15分ほど遅れて運行再開。先頭車両に乗っていた私は倒木処理の一部始終を見ることできたけど、後方の車両のお客さんには車掌さんがアナウンス。最初は「線路上に枝が落ちているので取り除きます」といった内容。枝・・・というにはちと大きい感じがしたけど、倒木というと乗客がビックリしたり、勝手に線路に降りてきても困るから、枝と言ったのかな?

その後順調に大井川に沿って進む大井川鉄道南アルプスあぷとライン(井川線)。ちなみに上流に向かい上って行く方向が「下り」って、ややこしいね。登山電車の宿命です。

f:id:mrs-m-sato:20170909122154j:plain

列車はアプトいちしろ駅で、アプト式区間専用の機関車を連結。連結シーンは鉄道ファンには必見のシーンのようで、カメラを持った乗客が多数集まっていた。私もそのうちの一人だけどね。

f:id:mrs-m-sato:20170909122501j:plain

アプト区間を走る専用の機関車を連結

レールの中央に歯のついたレールが見えます。この歯に機関車側についている歯車を噛み合わせて急こう配を登っていくとのこと。

f:id:mrs-m-sato:20170909123859j:plain

アプトいちしろ駅と次の駅である長島ダム駅との間がアプト式になっています。長島ダムを造る時に、もともと走っていたルートが変更になり、こちらの急こう配ルートが設定されたとのこと。大井川鉄道のHPによると、千頭から井川ダムまでの区間が営業運転を始めたのは1959年、アプト式になったのは1990年10月とのことで、アプト式は最近のことなんですね。

youtu.be

アプト区間を上って長島ダム駅付近まで来ると、右手には長島ダムがドーンと見えます。長島ダムは事前に予約すればダム内の見学もできるそうで、一度この駅で下車してダムの中や近辺を散策してみたいものです。

f:id:mrs-m-sato:20170912160341j:plain

長島ダム駅で後方を振り返ると、一番最後にアプトいちしろ駅で連結された専用機関車がいました。大きい!

f:id:mrs-m-sato:20170912160435j:plain

さらに登っていくと(路線としては下りですが)、次なる絶景は奥大井湖上湖に向かう鉄橋。撮り鉄さんは、この鉄橋を渡る列車をカメラに収めたいところですね。そういう写真も見たことあります。この近くに道路があるのでしょうか。

f:id:mrs-m-sato:20170912160644j:plain

 山の緑と湖面の緑に、赤い鉄橋と列車が映えますね。こちらの動画では車掌さんのアナウンスも聞けます。アナウンスにある通り、対岸には旧線路跡が見えました。

youtu.be

昔の線路跡が見えた。

f:id:mrs-m-sato:20170918154846j:plain

 さて、南アルプスあぷとライン(井川線)は、2014年9月から接阻峡温泉駅までの折り返し運転が続いていました。それはがけ崩れがあったから。昨年(2016年)の8月はまだ折り返し運転でしたが、今年3月にめでたく復旧。今回は接阻峡温泉駅から終点の井川ダムまでの区間を楽しむのも目的の一つ。

接阻峡温泉駅の次の駅は、尾盛駅。この駅は秘境駅として有名らしい。どれだけ秘境かというと、鉄道以外でこの駅へのアクセスはほぼ無理とのこと。テレビ番組で尾盛駅から歩いて接阻峡温泉に行くという行程が紹介されたり、実際に歩いて行ってみたというブログもあるけど、私には到底無理。かつてはこの駅周辺は林業関係者で栄えていたそう。でもその林業も今はなくなり、このような秘境駅になってしまったそうです。写真の小屋は待合室ではなく、クマよけの小屋とのこと。一時クマが出没して、乗り降り禁止になっていた時期もあるそうですよ。

f:id:mrs-m-sato:20170912161029j:plain

盛駅を出て次の絶景はこちら。関の沢橋梁。高さは70mほどあって、今では日本一高い鉄橋とのこと。確かに目がくらみそう。線路を点検される方はここを歩くのでしょうけれど、怖すぎます!井川線は絶景ポイントの説明を車掌さんが丁寧にしてくれるので、とても分かりやすい。いいサービスと思う。

f:id:mrs-m-sato:20170912161135j:plain

続いて眼下には奥泉ダムが見えてくる。この時は何かの工事をしていたようです。

f:id:mrs-m-sato:20170918160358j:plain

さて、路線も終盤。間もなく終点井川駅というところで、今度は井川ダムが見えて来た。

f:id:mrs-m-sato:20170918160525j:plain

列車からダムが見えるということは、ダムから列車が見えるはす。と思ってダムから撮ったのがこちら。雨が降りだすあいにくの天気。

f:id:mrs-m-sato:20170918160712j:plain

終点井川駅。駅看板の後方にトンネルがあるけれど、かつてはさらに奥まで営業運転していたようです。

f:id:mrs-m-sato:20170918160852j:plain

かつての線路跡はこんな風に保存されていて、遊歩道として活用されている。遊歩道までは駅から徒歩10分くらい。折り返しの列車を1本見送れば時間は十分ありますが、遊歩道を全部歩くとなると1時間だときついかも。

f:id:mrs-m-sato:20170918161359j:plain

トンネルも残っていた。平日でお天気もいまいちのせいか、誰も歩いている人がいなくて、5分くらい歩いて引き返した。

f:id:mrs-m-sato:20170918161102j:plain

井川駅にはこんなかわいい鉄道娘がいましたよ。

f:id:mrs-m-sato:20170918161629j:plain

帰りは来た路線をそのまま折り返すので、見える景色は同じ。やっぱり川沿いがいいね。井川ダムは雨だったけど、長島ダムまで下りてきたら青空も。

f:id:mrs-m-sato:20170918161930j:plain

千頭についたら、千頭駅の転車台を回していたんだけど、撮影に間に合わず。千頭駅の転車台は人力で回すタイプです。

f:id:mrs-m-sato:20170918162326j:plain

千頭からはSLで新金谷駅まで戻ります。

f:id:mrs-m-sato:20170918162529j:plain

f:id:mrs-m-sato:20170918162649j:plain

そして、この日の最後の締めは、大好きな転車台。動く転車台を見るのは2回目。1回目は天竜浜名湖鉄道天竜二俣駅だった。2つとも静岡県にあるなんてスゴイじゃん!

youtu.be

youtu.be

昨年の8月に続き、2度目の鉄旅をした大井川鉄道。往復4400円はちょっと高いけど、千頭から先の井川線の絶景は見る価値あります。次は紅葉の時期に来たいですね。

最後に、新金谷駅構内にあるこちらのカフェ、小さいけど店員さんが親切でgoodでした。またこようっと。

f:id:mrs-m-sato:20170918164638j:plain

乗り鉄子、線路に倒木 大井川鉄道アプトライン

折ネタが続いたので、今日は8月3日に乗った大井川鉄道の旅を紹介。私の家からだと日帰り圏内。大井川鉄道千頭までの区間と、千頭から先の南アルプスあぷとライン区間に別れる。トーマスなど、SLが走るのは千頭までの区間。この区間も悪くないけど、繰り返し乗りたくなるのは、千頭から先ですね。

出発駅は新金谷駅。かなり年季のはいった駅舎。自宅から新金谷駅までは車。駅前に駐車場があり一日800円とリーズナブル。

f:id:mrs-m-sato:20170906162515j:plain

新金谷駅から千頭までは平日でもSLの運行があるけど、千頭から先が目的なので、千頭までは普通列車でGo!普通列車は当然各駅停車ですが、駅を飛ばして走るSLとあまり乗車時間が変わらないのが不思議。こんな車両が入線してきた。近鉄のお古のようです。

f:id:mrs-m-sato:20170906163001j:plain

千頭までは大井川に沿って上流に向かう。けっこう有名な吊り橋。一度渡ってみたい。

f:id:mrs-m-sato:20170906163159j:plain

新金谷駅から1時間ちょっとで千頭駅に到着。千頭からは南アルプスあぷとラインに乗り換える。せっかくなので、最前列に座る。ここから先は、右手に大井川が見えるので、景色を楽しむなら右側がおすすめ。

f:id:mrs-m-sato:20170907195101j:plain

最前列に座ると、前方の景色も楽しめる。お、トンネルだ!

f:id:mrs-m-sato:20170907195242j:plain

鉄橋を渡ったり、最前列だからこそ楽しめる景色もいっぱいある。

f:id:mrs-m-sato:20170907200354j:plain

今回の旅でのハイライトは、こちら。線路に倒木、である。

f:id:mrs-m-sato:20170907200608j:plain

斜面のフェンスを突き破って、線路にかかっている。当然列車は停止。引き返すかなと思ったけれどさすが大井川鉄道の運転士。乗員は運転士と車掌のみ。車掌は女性で、手伝いに行くといったけど、「危ないから車内にいろ」と運転士が指示して待機。運転士はノコギリ見たいな道具を持って倒木処理に向かいました。そういう道具が運転席に常備してあるんだね。

youtu.be

運転士さんの工具に比べて倒木が太く、なかなか切れなかったけど、最後は運転士の一撃で解決した。頼もしい運転士さん。

youtu.be

通行の邪魔になる部分を運転士さんが処置して、列車は前に進めた。この処置の模様は、最前列車両の乗客しか見ることできなかったので、滅多にみられない光景を見ましたよ

youtu.be

10分ほど遅れたことになったけど、列車の本数が少ないので、そんなに影響なかった。ここから先はまた後日書きますね。

#大井川鉄道 #倒木 #線路に倒木 #運転士

足首骨折、自宅での移動を簡単にする

松葉杖生活は両手が塞がり、腕や手も痛くなるので、自宅内では使わないことにした。我が家は2階建てで、1階での移動はキャスター付きの椅子を使う。階段はお尻であがる。そして2階は四つん這いでハイハイしながら進むというわけです。ですが、このハイハイ、膝がとっても痛くてかなりつらい。痛いので進みも遅い。そこでお助けグッズ登場、膝あてです。そう、バレーボールの選手が使うようなやつですね。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01B78DN7K/ref=oh_aui_detailpage_o01_s01?ie=UTF8&psc=1

f:id:mrs-m-sato:20170902084758j:plain

Amazonで検索すると、膝あては数多くヒットします。私が選んだのは、マジックテープで装着するタイプ。スポッとはくタイプだと、ギプス部分が通らないこともありえるからね。あとはカスタマーレビューで耐久性がありそうな物を選びました。毎日使うものは何度も買い直したくないからね。私の膝にはちょっと大きかったけれど、膝あてのこうかは抜群。ハイハイしても膝は全く痛くない。なので移動スピードがあがり、移動範囲も広がった。今までは階段上がったらベッドに最短距離で移動だったけど、洗濯物たたんだり、クローゼットにも行くようになった。階段昇るのも今までは後ろ向きでお尻であがっていたけど、膝あてがあると、前向きに膝で昇れる。

こんな風に膝で立つことができるので、ハイハイせず、膝で歩ける。膝歩きができると、手が自由になるので、荷物も持てるというわけです。

f:id:mrs-m-sato:20170902084819j:plain

しいて欠点をあげるなら、マジックテープが頑丈なので、はがす時にビリビリ!バリバリ!とかなり大きな音がすること。隣に家族が寝ていると、起きてしまいそうなくらいの音ですが、うちに家族は一度も起きませんね。なのでさしたる問題ではありません。ということで、耐久性がある膝あても、骨折生活におすすめです。ただ、家が平屋でキャスター椅子でくまなく移動できる方には膝あては要らないと思います。

足を骨折して松葉杖生活になったら、いかにして松葉杖を使わずに移動できるか、これが自分でできる範囲を広げるポイントになりそう。

#足首骨折 #骨折 #骨折生活 #ギプス #便利グッズ

乗り鉄子のギプス生活 シャワーを浴びる

骨折した翌日、整形外科で「3日間はお風呂NG。血行が良くなって患部が腫れるから」ということで、入浴はもちろん、シャワーもやめていたけど、夏場なので3日も体を洗わないと、そろそろ限界。頭も痒いし。けれど、シャワーを浴びるなら、どうやったらギプスを濡らさず、かつ転倒などしないよう安全にシャワーを浴びられるか、戦略をたてねば、というと大袈裟だけど、多少準備が必要に思う。ネットで検索すると、いくつか体験記も見つかり、シャワーを浴びる準備としてすべきことが明確になってきた。

●準備1 シャンプーは洗髪洗面台で先に済ませて、シャワーを浴びる時間を短くする。

●準備2 ギプスを濡らさないためのグッズを用意する

●準備3 安定した姿勢でシャワーを浴びられるように椅子を用意する

 まずは準備1。

 我が家の洗面台はもともとシャンプーできるタイプの物ですが、実際にシャンプーした経験はほとんどない。私の気がかりは髪の毛が詰まらないだろうか?ということ。そこで、髪の毛キャッチャーみたいな物をさがすと、いろいろな商品があることがわかった。その中から、こちらを購入。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MU4BZMB/ref=oh_aui_detailpage_o03_s00?ie=UTF8&psc=1

f:id:mrs-m-sato:20170831111639j:plain

溝の部分に髪の毛がくるくるっとたまり、逃しません。かといって、水の流れが悪くなることもなく、またたまった髪の毛を捨てるのも簡単。とても使いやすくて、安心してシャンプーできます。こういうのは、シンプルな構造の物が優秀に思う。あとはシャンプー&コンディショナーの2段階をやめて、リンスインシャンプーにすると時間短縮になるよ。

 

続いて準備2。

こちらも他の方の体験記を読み、専用グッズがあることを知りました。シャワーは毎日浴びたい、つまり毎日出番のあるグッズなのでAmazonで購入。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01M6C02YO/ref=oh_aui_detailpage_o05_s00?ie=UTF8&psc=1

 丸いグレーの真ん中から足をいれて、このビニールをはくって感じ。グレー部分はゴムになっていて、結構締め付けます。

f:id:mrs-m-sato:20170901162719j:plain

はくとこんな感じ。これだけだと、きついとは言え、ゴム部と足の間にすきまができて水漏れするかもしれないので、足をいれる所にタオルを巻いて、用心にビニールの下にもギブスの上部分にもう一枚タオルを巻き、水が足を伝ってギブスを濡らさないようにブロックしていますが、ギブスの上に巻いたタオルは濡れたことない。

f:id:mrs-m-sato:20170901162858j:plain

そして準備3。

お風呂場の床は滑りやすい。そんな床に片足1本で立つのは危険なので椅子を購入。一般的にお風呂で使う椅子はもっと高さが低いのですが、これは座面の高さが約45センチ。高さが低いと立ったり座ったりが大変なので、これくらいの高さが使いやすいです。座ったままシャワーを浴びてもよいし、骨折していない足で床に立ち、骨折した足の膝をこの椅子の座面にのせると、体重を日本足で支えることができるので、立った状態でシャワー浴びるのにも体勢が安定します。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B001LS8J1M/ref=oh_aui_detailpage_o04_s00?ie=UTF8&psc=1

f:id:mrs-m-sato:20170901163928j:plain

というわけで、準備万端整えて毎日快適にシャワー浴びられています!骨折したのが夏場なので、浴室が寒くないのも助かります。厳寒時のお風呂場ってものすごく寒いので、シャワーだけだとつらいかもしれないですね。準備2のグッズは骨折しなかったら知らずに過ごしてしまったグッズでした。勉強になった!こうして我が家には毎日Amazonから荷物が届いたのでした。

 #足骨折 #足首骨折 #松葉杖 #松葉杖生活 #便利グッズ

乗り鉄子、足首を骨折してギプス生活スタート

自分がこんなことになるなんて。8月20日、女子ゴルフのCat Ladiesを観戦中に転けて足首を捻り骨折。大箱根カントリークラブの16H。このちょっと先で転けました。転けた直後の足首の形が足首と思えないような形に変形していたので、これは折れているかもと思った。ボキッていったような気がするし。

f:id:mrs-m-sato:20170826164415j:plain

日曜日なので、救急医療センターで診察。レントゲン撮ったら、その場で剥離骨折と診断され、簡単に固定。人生初の松葉杖生活がスタートしたのだ。

f:id:mrs-m-sato:20170824121442j:plain

翌日の月曜日、整形外科でも同じ診断となり、初ギプス装着。このまま4週間固定。4週間たっても完治するわけではないが、一般的には骨の土台がしっかりしてくるので、リハビリが始められるかも、とのこと。人によって治り具合は異なるので、まずは4週間というのを目安にするんだそう。

f:id:mrs-m-sato:20170824121515j:plain

さて松葉杖。材質はアルミになって軽くなったと思うけど、機構は昔から同じ。もっと足が不自由な人が使いやすい道具が開発されていないのか不思議なくらい、大変な道具でした。両手が塞がってしまうのが困りもの。

f:id:mrs-m-sato:20170824121626j:plain

一日使っただけで、手が痛くなりました。

f:id:mrs-m-sato:20170824121832j:plain

 海外にはこんな道具があるそうで、松葉杖生活の方のブログを拝見すると、購入された方もいるようです。Amazonで購入できるのですが、27,000円くらいするのと、①っか月の我慢なので購入を断念。松葉杖2ヶ月と言われたら、購入していたかも。

iwalk-free.com

幸いにして、私の勤務先は在宅勤務制度があり、上司も在宅勤務で良いと言ってくれたので、骨折第一週は在宅勤務で乗りきりました。さらに幸いなことにキャスター付きの椅子が我が家にあり、1階はこの椅子で移動することに。

f:id:mrs-m-sato:20170824121803j:plain

元気な方の足で床を蹴ったり、壁や家具を手で押したりしながらスィーっと進みます。床下収納庫の蓋の上でキャスターが引っ掛かることもあるので、スピード出しすぎて転倒、なんてことがないようにしないとね。これ以上怪我をしない、というのが一番大事だと思う。

f:id:mrs-m-sato:20170827195740j:plain

この椅子のおかげで自宅にいる間は松葉杖の出番はなくなりました(2階はハイハイです)。次の課題はシャワーです。続く。

#骨折生活 #松葉杖 #骨折 #松葉杖生活 #乗り鉄できない #乗り鉄

ろくもんクルーズ、美味しいんだけど、今ひとつ

2017年6月、しなの鉄道の「ろくもん」に乗った。昨年は大河ドラマ真田幸村だったこともあって、かなりの盛況だったらしい。昨年も乗ってみようかと思って予約状況調べたら、満席の日も多々ありました。その状況は今年も継続しているのかな?どうせ乗るなら、軽井沢ー長野間だけでなく、もっと長い距離をのってみようと、あえて「ろくもんクルーズ」というのに申し込んだ。クルーズだと長野駅をこえて、黒姫駅まで乗車でき、そのあと、小布施とか戸隠を散策するプランがついているのです。通常のコースだと週末は14,800円ですが、クルーズだと24,800と一万円の違いがある。私が乗り鉄子する時には東京までの新幹線、プラス今回は北陸新幹線軽井沢まで行くので、トータルにすると結構なお値段。でも年金生活になったら、こんな道楽も自由にはできないだろうから、思い立った時に出掛けることに。

f:id:mrs-m-sato:20170818152412j:plain

ろくもんクルーズには、小布施に行くコースと戸隠神社に行くコースとあり、私は断然戸隠だったんだけど、申し込みの時に、戸隠希望者はゼロ。このままだと最少催行人員に満たず、実施されないです、とのことで、行くのをよそうかと思ったけれど、気持ちがすでに乗り鉄子するぞ、となっていたので、小布施コースに申し込んだ。

さて当日。軽井沢駅にろくもんが到着。ボディの赤は真田の赤備えにならったのでしょう。3両編成で、小布施コースしか結局実施されないようで、3号車に案内されました。

f:id:mrs-m-sato:20170818154329j:plain

3号車の車内はご覧の通り、中央に通路、両側に個室風の座席で、向かい合わせに2人が座る配置です。障子をしめたら個室状態。

f:id:mrs-m-sato:20170818154453j:plain

座席の幅はゆったりサイズ。使い捨てのスリッパもついていて、くつろげる。けれど、途中の駅でスリッパのままホームに出てくるのはちょっとみっともない。

f:id:mrs-m-sato:20170818154720j:plain

2号車は座席が窓を向くレイアウトでした。

f:id:mrs-m-sato:20170818154915j:plain

 出発の合図は、女性スタッフが吹くほらがい。誰でも吹けば鳴るのか、鳴らすのは大変なのかはわからず。

f:id:mrs-m-sato:20170818155323j:plain

本日のメニュー。けっこう品数ありますよ。デザートなんて2つもある!

f:id:mrs-m-sato:20170818161501j:plain

軽井沢を出発すると、まずは飲み物を選びます。ビールのセットかソフトドリンクのセット。飲めない私はソフトドリンクのセットをチョイス。他にミネラルウォーターがついてきた。

f:id:mrs-m-sato:20170818155558j:plain

次々に彩り鮮やかな食事が運ばれてきます。どれも本当に美しいし美味しい。(量はちょっと少な目)

f:id:mrs-m-sato:20170818155822j:plain

車窓からは浅間山が見えました。長野に向かって右側に座らないと浅間山は見えないようです。

f:id:mrs-m-sato:20170818155954j:plain

 上田駅を出るとまもなく上田城がみえます。これも長野にむかって右側です。上田駅では、赤備えのコスプレで記念撮影のサービスもあります。

f:id:mrs-m-sato:20170818160357j:plain

こちらはデザート。

f:id:mrs-m-sato:20170818161423j:plain

三才という駅でしばし停車。七五三の記念撮影にくる方もあるんだとか。

f:id:mrs-m-sato:20170818160840j:plain

三才駅で、なんと湘南カラーの列車とすれ違いました!しなの鉄道20周年記念のイベントの1つらしい。

f:id:mrs-m-sato:20170818160613j:plain

こんな渓流沿いを走ったりします。浅間山とこの辺りが景色を楽しめる場所だったかも。

f:id:mrs-m-sato:20170818161213j:plain

牟礼駅でしばし停車。この駅には天狗の像があります。この天狗様、左の手だけ指が6本あります。またやぎ舎があるのですが、この日は登場せず。もっと暖かくならないと登場しないらしい。

f:id:mrs-m-sato:20170818161825j:plain

さて、黒姫駅に到着。天気はどしゃ降りで黒姫山も見えず残念。

f:id:mrs-m-sato:20170818162013j:plain

ここからはバスに乗り換えて、小布施に向かいます。ベテランのバスガイドさんがいい味出していました。

f:id:mrs-m-sato:20170818162256j:plain

小布施では、古い町並みを楽しんだり、ケーキをいただいたりして過ごします。

f:id:mrs-m-sato:20170818162700j:plain

ろくもんをはじめ、いろいろな列車のデザインを手掛けている、水戸岡鋭治さんがデザインを手掛けた料亭「鈴花」を見学。

f:id:mrs-m-sato:20170818163036j:plain

最後はお庭がステキな花屋さんでおやつのケーキセット。雨なのでお庭の散策はしませんでした。

f:id:mrs-m-sato:20170818163117j:plain

このあと長野駅までバスで送ってもらいクルーズはおしまい。

ろくもんの売りは、車窓の景色よりは、お食事です。路線は町中みたいな所が多いし、見所といえば、浅間山、真田の城くらいかな。クルーズだと黒姫まで行くので、渓流沿いをちょっとだけ走るけれど、お天気も今ひとつだったこともあって、景色を楽しむ、という感じではない。うーん、食事は美味しいしから悪くはないのだけれど、ちょっと路線が期待と違ったかな。お値段も結構するし。もうちょっと景色を楽しめると最高なんですけどね。というろくもんクルーズでした。

#鉄道 #鉄道の旅 #一人旅 #ろくもん #しなの鉄道

乗り鉄子、餘部鉄橋への道 後編

大阪出張を利用しての鉄道の旅2日目(つまり最終日)は、前日からお世話になっている休暇村竹野海岸周辺の散歩から。遊歩道が整備されて、竹野海岸の美しい景色と山陰本線を行く列車を楽しめます。

f:id:mrs-m-sato:20170503153653j:plain

薄曇りの朝だったので、真っ青な海とはいきませんでしたが、きれいな海です。

f:id:mrs-m-sato:20170503153723j:plain

山陰本線を行く列車も見えました。JR西日本の豪華列車「瑞風」もここを通るらしいから、同じように眺められるのかも。

f:id:mrs-m-sato:20170503153941j:plain

さて、本日は昨日降りた竹野駅から出発です。レトロな感じのする駅舎ですね。

f:id:mrs-m-sato:20170503155129j:plain

見なれない車輌がとまっていました。ラッセル車でしょうか?

f:id:mrs-m-sato:20170503155208j:plain

列車を待っていたら上り列車がやってきました。里山というかローカル線な感じがしていいですね。

youtu.be

 私が乗る下り列車が桜の向こうからやってきました。お天気はまずまず。

f:id:mrs-m-sato:20170503155719j:plain

車内に扇風機。レトロ感にワクワクしますね。

f:id:mrs-m-sato:20170520202419j:plain

竹野駅から餘部駅まで、普通列車で約30分。ひなびた港町をいくつか通り過ぎ、鎧駅を出発してトンネルを抜けたら、そこは餘部橋梁。本当に空中に体がふわりと浮いたような気分です。今は風よけの壁があるけれど、昔の鉄橋時代は壁もなく、本当に空中を走っている気分だったのかも。

f:id:mrs-m-sato:20170520202855j:plain

橋梁をわたりきると餘部駅。鉄橋ができた当時は餘部に駅はなく、餘部の住民は鉄橋を歩いて渡り、トンネルを歩き、鎧駅から列車に乗ったとか。大変過ぎる!

f:id:mrs-m-sato:20170520202931j:plain

赤い鉄橋。この鉄橋が現役の時に通ってみたかったです。

f:id:mrs-m-sato:20170520203825j:plain

f:id:mrs-m-sato:20170520203940j:plain

こちらの住民は鉄橋とともに生きてきたのですね。

f:id:mrs-m-sato:20170520204113j:plain

鉄橋は一部を残して、空の駅という観光スポットになっています。

f:id:mrs-m-sato:20170520204240j:plain

空の駅に続く線路。ここは歩けます。

f:id:mrs-m-sato:20170520204447j:plain

空の駅の足下から覗くと鉄橋が見えますが、高さにゾクゾクします。こんな所歩いて通っていたなんてすごすぎる。

f:id:mrs-m-sato:20170520204539j:plain

鉄橋時代は、向こうに見えるトンネルまで線路が伸びていたんだね。コンクリート橋にかけかえる工事の様子は、道の駅のなかで映像で見ることができました。

f:id:mrs-m-sato:20170520204726j:plain

さぁ、帰りの上り列車が到着。今回の旅ももうおしまいです。

f:id:mrs-m-sato:20170520204928j:plain

この旅は4月9ー10日で行ってきました。念願の餘部鉄橋を見られたことはもちろん満足ですが、他にも沿線の桜や、山陰本線沿線の風景を堪能できた旅でした。

#餘部橋梁 #餘部 #餘部駅 #余部 #空の駅 #山陰本選 #鉄道 #鉄道の旅 #乗り鉄子 #乗り鉄