乗り鉄子 Diary

乗り鉄子のブログ。鉄分多目です

田舎の検診センターはこうも不便か・・・

健康な生活を送るために、健康診断にでかけた。毎年会社でも健康診断はあるけれど、婦人科検診は会社の健康診断メニューにはないので、自主的に受けに行く必要がある。50を過ぎたら、女性特有のガンも気をつけないとね。

で、女性特有のガン検診といえば、乳がんと子宮がん。その検診は、子宮口の細胞をとる細胞診と、乳房のマンモグラフィー。マンモの機材を置いてある病院に出向いて検診を受けたのだけど、これがなんと不便なことか。マンモと細胞診だけというコースがなく、身長・体重・定番の血液検査・尿検査などの基本コースも受けなくてはならず、こちらは午前中8:30スタート。簡単なので、9:30には終了しちゃった。一方婦人科検診は別時間帯に受付で、それが午後から。なんで、婦人科検診を実施する午後に一緒に基本コースも受けられないのか・・・。病院側の事情なんだろうけれど、午後にやってくれれば会社を休むのは半日で済むわけで、仕事をしている女性のことを考えているのか???と疑問に思う。午後の婦人科検診だって、細胞診とマンモとエコーだと実質検診時間は1時間もかからないのだけれど、多くの女性が一斉に検診センターにくるので、待ち時間が長い。これも、あなたは13:00から、あなたは13:15からというスケジュールを組んでくれると、検診センターでボーッとすごす時間も少なくなると思うのだけれど。

f:id:mrs-m-sato:20160123162651j:plain

 ところで、2年ほど前に新横浜でたかーい検査を受けた。PET検査と言うやつ。検診を受ける人に異様な待ち時間を強要することもないし、スムーズにいろいろな検査を勧めてくれる。そういう点はさすがお値段が高いからなのか、都会だからお客さまへの配慮が行き届いているのか。なんだか富士市で検診受けるの、ちょっと嫌になってきちゃった。狙いは健康診断なのだから、待ち時間なんてのは目的外のことなのですが、でもサービスって、大事だと思うよ。