乗り鉄子 Diary

富士山の近くに生息中。趣味はゴルフと乗り鉄の女子です。

トコトコトコトコ天浜線 古いものを大切にお客様を大事にする鉄道

お題「マイブーム」

2016年、夏以降私のマイブームは乗り鉄。ということで、12月は地元静岡県内にある天竜浜名湖鉄道乗り鉄子してきました。いやぁ、乗って良し、見てよしの鉄道ですね。一両だけのローカル線ですが、全線乗るにはそれなりに時間がかかるのも良いし、時の流れもゆっくりとした感じで、普段慌ただしく過ごしている人には是非乗って時の流れ方の違いを堪能してほしいと思えた鉄道でした。

時の流れがゆっくりしているのは、単にローカル線だからだけでなく、まるでタイムスリップしたかのような古い駅舎や、設備が今も現役で活躍していることも影響していると思います。掛川駅から下り線に乗車しました。

こちらの写真と動画は登録有形文化財の一つ、太田川橋梁。トコトコトコトコ渡る車両がかわいいね。

f:id:mrs-m-sato:20161231204145j:plain

 

youtu.be

 ちなみにこの写真と動画を撮るには戸綿駅で下車しなくてはなりません。そしてまた次の列車に乗って移動するので、こういう場合には「一日乗車券」が便利。この日に購入した一日乗車券は、翌年スタートの大河ドラマの主人公、直虎がデザインされていました。この直虎のラッピング車両も見かけましたよ。

f:id:mrs-m-sato:20161231204706j:plain

太田川橋梁で撮り鉄したら、次は「森の石松」で有名な、遠州森駅へ移動。こちらの駅舎も登録有形文化財

 

f:id:mrs-m-sato:20161231205111j:plain

結構乗客がいますね。

f:id:mrs-m-sato:20161231205020j:plain

ついついこういう線路の写真を撮りたくなる、乗り鉄子です。

f:id:mrs-m-sato:20161231205842j:plain

続いて下車したのは、天竜二俣駅。天浜線乗車の目的の一つ、転車台見学ツアーがある駅です。では早速その模様をご覧ください。

youtu.be

動画はちょっと長い、という方には、ところどころ切り出した写真もあります。

扇形車庫から列車が動き出します。この車庫、今は4番までですが、この駅に併設の鉄道歴史館には6番まで車庫があった時代の写真が残されています。

f:id:mrs-m-sato:20161231210303j:plain

転車台に乗ります

f:id:mrs-m-sato:20161231210539j:plain

そして回転。おっと、向こう側の派手な車両が気になりますね。

f:id:mrs-m-sato:20161231210626j:plain

車庫に入らない線路に移動します

f:id:mrs-m-sato:20161231210934j:plain

四国、宇和島駅でも転車台を見ましたが、実際に車両を乗せて動く転車台を見たのは初めてだったので感激!こちらの転車台は毎日業務で活躍していますが、転車台は日本全国でもそう数はないはず。となると修理部品を手にいれるのは苦労されているようで、車庫の近くには転車台を回す部分を、他の地域から入手してきた物が置かれていました。

f:id:mrs-m-sato:20161231211443j:plain

転車台、こんな写真も撮れました。やっぱり向こう側の派手な列車が気になりますね。

f:id:mrs-m-sato:20161231211548j:plain

その派手な列車が直虎号。今回は見るだけで乗車する機会はありませんでした。

f:id:mrs-m-sato:20161231211732j:plain

天竜二俣駅には転車台以外にも鉄道史料や遺産がたくさんあります。鉄道歴史館で展示されています。

f:id:mrs-m-sato:20161231212020j:plain

f:id:mrs-m-sato:20161231212112j:plain

従業員さんの事務所や休憩室になっている古い建物。その向こうにはSL時代に使われていた高架貯水槽が見えます。

f:id:mrs-m-sato:20161231212205j:plain

SL時代に使われていたお風呂も文化財の一つ。SL時代はススまみれになってしまうからお風呂が必要だったのね。

f:id:mrs-m-sato:20161231212458j:plain

こちらの見学ツアーは毎日開催されていて、指定の時間までに駅の待ち合い室に集合すれば参加できます。参加料は200円でした。この見学ツアーも、駅員さんがとても丁寧に説明してくれ、古い物を大切にしながら、お客様に喜んで頂こうという思いが伝わってきました。古い物を大切にしていると言えば、天竜二俣駅のホームの屋根を支える柱はレールでできているそうです。鉄が不足していた時代の工夫ですね。見学会に参加しなければ知らないで通り過ぎてしまう情報でした。

f:id:mrs-m-sato:20161231213017j:plain

天竜二俣駅を後にして、天竜川を渡り、西に向かいます。鉄橋を渡ると気分が高揚します。歌にも♪鉄橋だ、鉄橋だ、楽しいな!というフレーズがありましたね。あの歌詞に激しく同意です。

f:id:mrs-m-sato:20161231213604j:plain

 続いての鉄橋は、こちら。都田川橋梁をトコトコ渡る天浜線フルーツパーク駅のすぐ西側にあるので、迷わずフルーツパーク駅で下車して、撮影に行きました。下を流れる都田川の流れがのんびりしていて、天浜線のリズムとよく合います。鉄橋は工事中なのか、ネットにくるまれていてちょっと残念。

f:id:mrs-m-sato:20170107161611j:plain

f:id:mrs-m-sato:20170107161940j:plain

 この橋梁を渡る天浜線の動画はこちら

youtu.be

さて、フルーツパーク駅からま列車に乗り、西を目指します。だんだんと湖が見えて来ました。

f:id:mrs-m-sato:20170107163327j:plain

浜名湖佐久米駅では、かもめに餌付けをしていて、ホームの上に人がたくさん。でも誰も列車に乗りませんでした。

f:id:mrs-m-sato:20170107163453j:plain

三ヶ日駅の母屋は、昭和11年に建設され、国の登録有形文化財になっています。ここで上り列車とすれ違い。

f:id:mrs-m-sato:20170107163712j:plain

尾奈駅のトイレは、ウナギが篭に入っている様子を模したトイレでした。この尾奈駅で下車したのは、この日の宿がここから徒歩15分程度の場所にあるからです。泊まらずとも帰宅できる行程でしたが、なんとなく温泉につかりたくなり宿泊。

f:id:mrs-m-sato:20170107163904j:plain

宿はリステル浜名湖。電話すれば送迎しますとのことでしたが、行きは運動だと思って歩きました。帰りは送ってほしいとフロントに頼んだら、9時以降なら車で送れます、とのこと。時間制限あるならそう書いてくれれば良いのに、単に送迎します、では何時でも良いのかと思ってしまった。宿からの景色は抜群で露天風呂に入りながらでも楽しめます。が・・・たぶんもう泊まらないでしょう。17000円の価値はなかったです。ただ夕食はビュッフェなので、蟹も食べ放題。私のように蟹をあまり食べない人にはオススメしません。部屋のトイレは暖房便座でもなく、使う度にひやーっとするし、サービスも設備もいまいちです。

f:id:mrs-m-sato:20170107165824j:plain

翌日は尾奈駅から、終点の新所原まで乗車。尾奈駅は無人駅なのでローカル線らしい風景です。

f:id:mrs-m-sato:20170107170618j:plain

湖の眺めを後にして、西に向かう天浜線。無人駅の尾奈から乗ったので、料金は整理券番号と付き合わせて確認です。

f:id:mrs-m-sato:20170107170725j:plain

アスモ前駅。この日は日曜日だったせいか、乗り降りする人はいませんでした。

f:id:mrs-m-sato:20170107170921j:plain

新所原駅に到着。

f:id:mrs-m-sato:20170107171028j:plain

昔の国鉄二俣線は、今は天竜浜名湖鉄道として運営されています。きっと経営は苦しいと思いますが、社員の皆さんが、お客様に楽しんで頂こうとしている気持ちが伝わってくる鉄道でした。食事を出すような観光列車はないけれど、古い文化財を大切にし、ゆっくりとした時の流れと車窓の景色を楽しめる鉄道です。いい鉄道に出会えました。

#鉄道の旅 #鉄道 #天竜浜名湖鉄道 #天浜線 #乗り鉄 #一度は乗りたい #直虎 #乗り鉄子 #train #travel #trip