読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乗り鉄子 Diary

富士山の近くに生息中。趣味はゴルフと乗り鉄の女子です。

乗り鉄子、餘部鉄橋への道 前編

お題「お花見」

春と言えば桜。今年の桜はなかなか開花宣言が出ず、私の故郷、静岡県はいつもなら東京より先に咲くのに、ちっとも開花宣言が出ず、東京が満開でも静岡は三分咲き、てな具合。そんな中、4月7日午後から4月9日午前中まで、私は満開の桜が期待できる大阪への出張となりました。つまり、大阪までの往復の新幹線代は会社負担。しかも土日にお仕事なので4月10日は代休が取れるという好条件。このチャンスを逃すわけには行かないので、9日昼過ぎに大阪を発ち、一泊して翌日には自宅へ戻れる乗り鉄子ルートを検討、結果行き先は餘部と決めたのでした。

新大阪までは新幹線。こだま→ひかりと乗り継ぐ。

f:id:mrs-m-sato:20170412222646j:plain

新大阪について一旦ホテルに荷物を置き、万博記念公園の桜を見にいってみました。新大阪駅からは地下鉄御堂筋線。地下鉄と言っても、ほとんど地上を走っていました。

f:id:mrs-m-sato:20170412222737j:plain

 地下鉄の次は大阪モノレールに乗車。あいにくの雨だけど、モノレールなんていう珍しい乗り物にも乗れてかなり嬉しい私。

f:id:mrs-m-sato:20170412222820j:plain

 万博記念公園と言えば太陽の塔。万博には来なかったので初めて太陽の塔をまじまじと見る。桜もいい感じで咲いているのだけれど、青空でないのが残念。250円払って入場。

f:id:mrs-m-sato:20170412223059j:plain

ライトアップされているのだけれど、雨のせいか人もまばらなのもなんとなく淋しい。

f:id:mrs-m-sato:20170412223352j:plain

 桜は本当にきれいだったけれど、こういうレール見ている方がワクワクドキドキするのは、鉄子だからか?大阪モノレール万博記念公園駅から支線が出ていて、そのためこんなちょっと変わったレール配置になっているらしい。この写真は近くの観覧車から撮影。

f:id:mrs-m-sato:20170412224000j:plain

このモノレールは支線に入りましたね。行き先によって、鉄道のポイント部分に相当するところがグググっと動いて直進方向のレールに繋がったり、支線側のレールに繋がったりして見ていておもしろい。桜も良いけどレールもいいね。

f:id:mrs-m-sato:20170412224356j:plain

私が乗った観覧車はオオサカホイールと言います。万博記念公園の前にあるEXPOCITYにあり、高さ123mだそうで、日本でも最大級の観覧車です。たしかに高い。平日で雨ということもあり、待ち時間なしで乗れました。1000円でした。

f:id:mrs-m-sato:20170412224654j:plain

さて、ここまでは今回の乗り鉄子の旅の前座みたいなもの。本編は翌々日の日曜日の午後から始まるのでした。そして、その日曜日の午後。出発は新大阪駅から。

f:id:mrs-m-sato:20170422200532j:plain

こうのとり13号にのります。さすが新大阪駅、特急列車がどんどん到着しますね。

f:id:mrs-m-sato:20170422200620j:plain

サンダーバードが先に出発していきました。ちょっとハンサムな顔つき。いつかは乗ってみたいな。

f:id:mrs-m-sato:20170422200739j:plain

こちらが私を運んでくれる、こうのとりサンダーバードより丸っこい。ネットで調べると13号は239系というそうです。こうのとりのうち、何本かは287系で運転されていて、287系の方はぱっと見サンダーバードに似ていたけど、サンダーバードは681系とかいう数字でした。

f:id:mrs-m-sato:20170422200857j:plain

こちらはグリーン車。なかなかいい感じのシートに見えます。3時間近く乗るのでグリーンにすれば良かったかな。今回は普通の指定です。

f:id:mrs-m-sato:20170422201032j:plain

普通の指定は2列ー2列の並びですが、座席の座り心地は良かったです。日曜日の午後の下り列車なので車内も空いていました。

f:id:mrs-m-sato:20170422201219j:plain

淀川の鉄橋・・・だと思う。もうじき大阪駅。

f:id:mrs-m-sato:20170422201439j:plain

尼崎駅を出ると線路が右にカーブして東海道線の上を渡る鉄橋を渡ります。いよいよ福知山線

f:id:mrs-m-sato:20170422202227j:plain

鉄橋を振り返って見たところ。けっこう重厚な鉄橋だ。

f:id:mrs-m-sato:20170422202501j:plain

福知山線は川に沿って走ったり、川から離れて走ったりしますが、ちょうど桜の時期で、川沿いにはたくさんの桜が植えられていて、車窓からお花見です。

f:id:mrs-m-sato:20170422202732j:plain

どこも満開でとてもきれい。

f:id:mrs-m-sato:20170422203016j:plain

駅の近くにも桜。

f:id:mrs-m-sato:20170422203122j:plain

福知山駅の手前で、右側から山陰本線が合流。ここからは山陰本線こうのとりは走ります。

f:id:mrs-m-sato:20170422203232j:plain

福知山駅には特急列車が。私の地元駅よりよっぽど立派な駅だ。しかも在来線特急が見られるのは嬉しいですね。

f:id:mrs-m-sato:20170422203430j:plain

新大阪を出発して2時間45分、城崎温泉駅に到着しました。志賀直哉氏の小説「城の崎にて」の舞台ですね。山陰本線城崎温泉駅から先は非電化区間なので、汽動車に乗り換えです。乗り継ぎに25分ほど時間があるので、駅の外へ出てみました。

f:id:mrs-m-sato:20170422203648j:plain

駅の隣に「さとの湯」という温泉施設があり、外には無料で利用できる足湯があるので、しばし足湯にひたります。底の石に苔がついていてヌルっとしていました。

f:id:mrs-m-sato:20170422204349j:plain

駅前広場には飲める温泉も。一口頂きました。

f:id:mrs-m-sato:20170422204552j:plain

そうこうしているうちに、私が乗る普通列車が到着。今夜の宿は隣の竹野駅の近くです。

f:id:mrs-m-sato:20170422204741j:plain

城崎温泉駅から10分で竹野駅に到着しました。ここからは宿の無料送迎車で休暇村 竹野海岸に向かいます。

f:id:mrs-m-sato:20170422205010j:plain

乗り鉄のブログなので宿のことは詳しくは書きませんが、味良し、温泉良し、スタッフ良しの良い宿でした。海鮮が苦手な私は、蟹づくしとかだと困るので、但馬牛づくしの料理を堪能しました。

f:id:mrs-m-sato:20170422205656p:plain

餘部鉄橋への道、初日は良い旅となりました。続く。

#鉄道の旅 #山陰 #福知山線 #こうのとり #休暇村竹野海岸 #乗り鉄子 #乗り鉄 #鉄道