乗り鉄子 Diary

乗り鉄子のブログ。鉄分多目です

ろくもんクルーズ、美味しいんだけど、今ひとつ

2017年6月、しなの鉄道の「ろくもん」に乗った。昨年は大河ドラマ真田幸村だったこともあって、かなりの盛況だったらしい。昨年も乗ってみようかと思って予約状況調べたら、満席の日も多々ありました。その状況は今年も継続しているのかな?どうせ乗るなら、軽井沢ー長野間だけでなく、もっと長い距離をのってみようと、あえて「ろくもんクルーズ」というのに申し込んだ。クルーズだと長野駅をこえて、黒姫駅まで乗車でき、そのあと、小布施とか戸隠を散策するプランがついているのです。通常のコースだと週末は14,800円ですが、クルーズだと24,800と一万円の違いがある。私が乗り鉄子する時には東京までの新幹線、プラス今回は北陸新幹線軽井沢まで行くので、トータルにすると結構なお値段。でも年金生活になったら、こんな道楽も自由にはできないだろうから、思い立った時に出掛けることに。

f:id:mrs-m-sato:20170818152412j:plain

ろくもんクルーズには、小布施に行くコースと戸隠神社に行くコースとあり、私は断然戸隠だったんだけど、申し込みの時に、戸隠希望者はゼロ。このままだと最少催行人員に満たず、実施されないです、とのことで、行くのをよそうかと思ったけれど、気持ちがすでに乗り鉄子するぞ、となっていたので、小布施コースに申し込んだ。

さて当日。軽井沢駅にろくもんが到着。ボディの赤は真田の赤備えにならったのでしょう。3両編成で、小布施コースしか結局実施されないようで、3号車に案内されました。

f:id:mrs-m-sato:20170818154329j:plain

3号車の車内はご覧の通り、中央に通路、両側に個室風の座席で、向かい合わせに2人が座る配置です。障子をしめたら個室状態。

f:id:mrs-m-sato:20170818154453j:plain

座席の幅はゆったりサイズ。使い捨てのスリッパもついていて、くつろげる。けれど、途中の駅でスリッパのままホームに出てくるのはちょっとみっともない。

f:id:mrs-m-sato:20170818154720j:plain

2号車は座席が窓を向くレイアウトでした。

f:id:mrs-m-sato:20170818154915j:plain

 出発の合図は、女性スタッフが吹くほらがい。誰でも吹けば鳴るのか、鳴らすのは大変なのかはわからず。

f:id:mrs-m-sato:20170818155323j:plain

本日のメニュー。けっこう品数ありますよ。デザートなんて2つもある!

f:id:mrs-m-sato:20170818161501j:plain

軽井沢を出発すると、まずは飲み物を選びます。ビールのセットかソフトドリンクのセット。飲めない私はソフトドリンクのセットをチョイス。他にミネラルウォーターがついてきた。

f:id:mrs-m-sato:20170818155558j:plain

次々に彩り鮮やかな食事が運ばれてきます。どれも本当に美しいし美味しい。(量はちょっと少な目)

f:id:mrs-m-sato:20170818155822j:plain

車窓からは浅間山が見えました。長野に向かって右側に座らないと浅間山は見えないようです。

f:id:mrs-m-sato:20170818155954j:plain

 上田駅を出るとまもなく上田城がみえます。これも長野にむかって右側です。上田駅では、赤備えのコスプレで記念撮影のサービスもあります。

f:id:mrs-m-sato:20170818160357j:plain

こちらはデザート。

f:id:mrs-m-sato:20170818161423j:plain

三才という駅でしばし停車。七五三の記念撮影にくる方もあるんだとか。

f:id:mrs-m-sato:20170818160840j:plain

三才駅で、なんと湘南カラーの列車とすれ違いました!しなの鉄道20周年記念のイベントの1つらしい。

f:id:mrs-m-sato:20170818160613j:plain

こんな渓流沿いを走ったりします。浅間山とこの辺りが景色を楽しめる場所だったかも。

f:id:mrs-m-sato:20170818161213j:plain

牟礼駅でしばし停車。この駅には天狗の像があります。この天狗様、左の手だけ指が6本あります。またやぎ舎があるのですが、この日は登場せず。もっと暖かくならないと登場しないらしい。

f:id:mrs-m-sato:20170818161825j:plain

さて、黒姫駅に到着。天気はどしゃ降りで黒姫山も見えず残念。

f:id:mrs-m-sato:20170818162013j:plain

ここからはバスに乗り換えて、小布施に向かいます。ベテランのバスガイドさんがいい味出していました。

f:id:mrs-m-sato:20170818162256j:plain

小布施では、古い町並みを楽しんだり、ケーキをいただいたりして過ごします。

f:id:mrs-m-sato:20170818162700j:plain

ろくもんをはじめ、いろいろな列車のデザインを手掛けている、水戸岡鋭治さんがデザインを手掛けた料亭「鈴花」を見学。

f:id:mrs-m-sato:20170818163036j:plain

最後はお庭がステキな花屋さんでおやつのケーキセット。雨なのでお庭の散策はしませんでした。

f:id:mrs-m-sato:20170818163117j:plain

このあと長野駅までバスで送ってもらいクルーズはおしまい。

ろくもんの売りは、車窓の景色よりは、お食事です。路線は町中みたいな所が多いし、見所といえば、浅間山、真田の城くらいかな。クルーズだと黒姫まで行くので、渓流沿いをちょっとだけ走るけれど、お天気も今ひとつだったこともあって、景色を楽しむ、という感じではない。うーん、食事は美味しいしから悪くはないのだけれど、ちょっと路線が期待と違ったかな。お値段も結構するし。もうちょっと景色を楽しめると最高なんですけどね。というろくもんクルーズでした。

#鉄道 #鉄道の旅 #一人旅 #ろくもん #しなの鉄道