乗り鉄子 Diary

乗り鉄子のブログ。鉄分多目です

また行きたい、絶景の只見線

お題「好きな乗り物」

ブログのお題の「好きな乗り物」といえば、鉄道ですね。

投稿が前後してしまうけれど、今日はGWに出掛けた只見線をご紹介。只見線はローカル線のなかでも超人気路線の一つ。ローカル線ランキングでも常に上位に入るし、中国では、「もっともロマンティックな路線」としても知られているとか。只見線新潟県小出駅福島県会津若松駅を結んでいます。が、2011年に豪雨で橋脚が流失し、今は通しで乗車することができず、鉄道の不通区間はバスで代行運転です。こういうローカル線は予算がつかず、結局廃線、なんてこともあるので、まだ走っているうちに乗りに行くことにしたわけですが、ネットの情報を見ると2021年くらいに全線開通するらしい。小出駅の時刻表はご覧の通りで一日4本しか走っていません。ちゃんと計画たてて乗らないと、その日のうちに会津若松駅にたどり着けないかも!本当は途中下車してみたい路線ですが、次の列車まで時間があきすぎるので、今回は一気に乗ることにしました。

f:id:mrs-m-sato:20170820151510j:plain

この4本の列車のうち、待ち時間なく会津若松駅に行くには、13:11発をチョイスするしかありません。そもそも7:58発には自宅からは間に合わないし、17:10発では当日中に会津若松駅にたどりつけそうにないので、効率うんぬんより13:11に乗るしかないのです。腹ごしらえは、小出駅前のお蕎麦やさん、富貴亭でお蕎麦。このお店以外には食事ができそうなお店は見当たらず、コンビニもないです。

f:id:mrs-m-sato:20170820161829j:plain

私が乗る列車が入って来ました。ローカル線ですが、2両編成ですね。

f:id:mrs-m-sato:20170820162130j:plain

小出駅には転車台が残っていました。乗り鉄子するようになってから、ついつい転車台が気になってしまいます。私が住んでいる地域を走る東海道本線では転車台を見たことないです。あるのかな?

f:id:mrs-m-sato:20170820162623j:plain

只見線のホームの屋根も古くて味がありますね。

f:id:mrs-m-sato:20170820162915j:plain

私が乗るのはキハ40という車両。こういう路線ですから電車ではありません。そこがまたいいのよね。

f:id:mrs-m-sato:20170820163029j:plain

不通区間があるので、小出発は只見駅までの運転です。

f:id:mrs-m-sato:20170820163522j:plain

車内は4人がけのボックス席。GW最後の日曜日のせいか、乗客はまばらで、1つのボックスに1人がけという乗るにはちょうどいい状態ですが、全線復旧を応援するのなら、もっと乗客がほしいところなのかも。

f:id:mrs-m-sato:20170820163644j:plain

小出駅只見線だけでなく上越線も走っています。只見線小出駅を出てすぐに右へカーブし、上越線と別れ、魚野川を渡ります。魚沼田中駅なんていう駅が途中にありました。魚沼といえば、魚沼産コシヒカリが有名ですが、この辺でとれるのかな?

f:id:mrs-m-sato:20170820164122j:plain

 ローカル線に乗ると見かける、杉板の外壁の家。餘部に行ったときにも、山陰本線沿いにたくさん見かけました。こういうお家を見ると、旅に出てる感があります。で、一度気になりだすと、人間の意識はその対象に向くようになるので、ついつい旅先で見る杉板のお家に注目してしまうのですが、実際はそんなに多くはないのかもね。 

f:id:mrs-m-sato:20170820170733j:plain

小さな鉄橋を渡る線路。

f:id:mrs-m-sato:20170820171358j:plain

すでに絶景区間ですね。晴れて日が射していたらもっと緑がきれいなのでしょう。

f:id:mrs-m-sato:20170820171528j:plain

 川の名前は分からないけれど、川のほとりで一時停車。川を渡ってくる風が気持ちいい。対岸にはまだ雪が残っているのにびっくり。この先、雪は大量に残っていて、この路線は豪雪地帯を走っているんだな、と感じました。

f:id:mrs-m-sato:20170820172046j:plain

ほら、こんなに雪が残っています。GW最終日ですよ。寒いので窓も閉めています。

f:id:mrs-m-sato:20170820172515j:plain

小出駅をでて1時間17分で只見駅に到着です。あっという間でした。只見駅にも私の大好きな転車台がありましたよ!昔はSLが走っていたのでしょう。この転車台は駅からだとちょっと見えづらいかも。只見駅に入る直前に、右側に見えます。

f:id:mrs-m-sato:20170820172806j:plain

GW最終日だというのに、桜がきれい。自分が住んでいる場所と気候の違いを感じます。

f:id:mrs-m-sato:20170820172955j:plain

駅前には雪の山が。貯蔵庫のテストをしているようです。

f:id:mrs-m-sato:20170820173412j:plain

只見駅から会津川口駅の間は現在は不通のため、バスで移動です。駅員さんがホームから親切に誘導してくれて、乗り遅れる人がいないように配慮してくれます。確かに乗り遅れたら一大事!乗り換え時間は4分です。

f:id:mrs-m-sato:20170820173752j:plain

バスから見える不通区間只見線。この上を列車に揺られて走ってみたい。

f:id:mrs-m-sato:20170820174138j:plain

こちらの鉄橋もいい感じ。乗っても良いし、撮るのも良さそうです。

f:id:mrs-m-sato:20170820174301j:plain

上の2枚を繋げると、こんなステキなカーブを描く路線です。たまりませんね!  

f:id:mrs-m-sato:20170820174556j:plain

バスは只見線の駅を順に通っていきますが、乗り降りする人はほとんどいなくて、バスの乗客は私と同類の方々のようです。

f:id:mrs-m-sato:20170820174806j:plain

 流出した橋脚が見えました。工事しているようなので、元に戻るといいな。それにしても、川からかなりの高さです。本当に絶景路線ですね。

f:id:mrs-m-sato:20170820175044j:plain

復旧したら乗ってみたいと思わせる橋脚。

f:id:mrs-m-sato:20170820175228j:plain

只見駅からバスで約50分。会津川口駅に到着。駅のすぐ横は只見川です。

f:id:mrs-m-sato:20170820175536j:plain

会津川口駅から乗る列車はこちら。小出ー只見間の車両と色が違いますね。 

f:id:mrs-m-sato:20170822133204j:plain

車内も違います。こちらの車両は片側は一人がけ席ですね。

f:id:mrs-m-sato:20170822133350j:plain

線路のすぐ近くまで川が迫っています。感動!

f:id:mrs-m-sato:20170822133532j:plain

ダムがあったり

f:id:mrs-m-sato:20170822133656j:plain

せせらぎが見えたり

f:id:mrs-m-sato:20170822133808j:plain

鉄橋を渡ったり

f:id:mrs-m-sato:20170822134854j:plain

変化に富んだ景色を眺めながら只見線は標高を下げていきます。会津川口を出て①時間52分で終点会津若松駅に到着。絶景路線と言われるだけのことはありますね。全線開通したらまた乗ってみようと思います。

会津若松と言えば白虎隊。駅前にはその銅像もありました。会津若松駅には地図やGoogleの写真を見ると扇形車庫や転車台がある様子。今回は時間がなくて駅周辺を歩けなかったけれど、また訪れて探索したいものです。

f:id:mrs-m-sato:20170831113320j:plain

ところで余談。今回只見線に乗るため、東京から上越新幹線を利用。せっかくなので、引退が決まっている二階建て新幹線に乗りました。いろいろな新幹線のなかでも、お顔がユニークでにくめない顔をしていますね。

f:id:mrs-m-sato:20170822141406j:plain

総2階建てはやっぱりでかい。壁って感じの車両です。

f:id:mrs-m-sato:20170831114248j:plain

また、会津若松到着後は、星野リゾートの宿、磐梯山温泉ホテルに停まりました。駅から車で30分くらいかかるけど、無料送迎があるのは助かるし、翌日、五色沼への2時間くらいのツアーも無料で、意外にお得でした。スタッフも親切だし、お部屋も広い。温泉の大浴場に露天風呂はないけど、ゆっくり入って暖まりました。

f:id:mrs-m-sato:20170831112903j:plain

夕食はバイキング。種類は豊富で、味もまずまず。これだけはおすすめです、なんてのもスタッフが最初に教えてくれます。デザートも種類豊富で、写真以外にもありましたよ~。

f:id:mrs-m-sato:20170831114138j:plain

五色沼にはこんな美しい沼が点在。紅葉の時期に来ても良さそうです。

f:id:mrs-m-sato:20170822141739j:plain

f:id:mrs-m-sato:20170831112713j:plain

 

次回は只見線会津若松磐越西線、というコースも行ってみたいですね。

#只見線 #乗車記 #鉄道の旅 #鉄道 #乗り鉄